最低でも週記

東大に2度フラれましたとさ

思い出は何度でも振り返ってしまうもの

 今日は予備校の授業後、母校の体育祭を見て来ました。在学中5年間委員を務めたこともあり、非常に思い入れの強い行事です。来賓として呼んでくれたら予備校サボれたのになあ(笑)

 

 委員を務めた5年間、活動する中で思い悩むことがかなりありました。自分の限界にぶつかったり、力不足を感じたり。その結果、最終年が終わった後に書く総括の完成に1年以上かかるという非常に害悪な行動をとっているのですが。

 

 でも終わって、自分の中で反芻しきってしまったらそんな悩みなんてどうでもよくなって、とにかく語りたくなる。周りから見れば懐古厨の老害だけど、当人にとってはそれが楽しいんだよね。